天地人 三条偏改①

【三条城(三条嶋城)の誕生】
最初に城が築かれたのは、平安期と云われ
「三条左衛門」が築き、前九年の役(1050~63)の後、
「安倍貞任」の郎党「黒鳥兵衛」が攻め落とし
南北朝時代には、南朝方の「池氏」の拠点となったと云う説もあるが、
三条市東裏舘の定明寺には
「三条左衛門定明」の墓が奉られている。
資料によると、最初の檀家であり「定明寺」の建立に大きく関係したと思われ、
没年は正中二年(1325)七月十二日と記録が有る。
と、するならば前説は300年近く差があり、話のつじつまが合わない。
いずれにせよ「三条城」と「三条左衛門」の関係は
まだ伝説の域を出ない。
三条左衛門.jpg
三条左衛門の墓.jpg
また、永仁5年(1297)に開基した
「本成寺」に伝わる「阿弥陀如来座像」の裏に
『正和三年・三条庄』(1314)とあり、この頃には地名として
「三条」はあったのかもしれないが、こちらも学説は分かれている。
【室町時代】
上杉氏が越後守護に任じられ、守護代として
「三条長尾氏」が三条城を築いたともされるが、
確実な記録では応永年間に三条城主として
「山吉大炊介久盛」が現れるのがもっとも古い。
応永三十年(1423)「山吉久盛」の拠点である三条城が、
「中条房資」「黒川基実」「加地氏」「新発田氏」に攻められるが、
黒川、加地、新発田が寝返り城落しなかった。

Published by