新潟「秋」の旨い物②

前回からの続きhttp://blogs.dion.ne.jp/wasyokusakura/archives/8725710.html#comments

今回の「のど黒」は寺泊で水揚げされたもので、
寺泊は、三条から車(RV)車で30分程に位置する港です。
鮮度抜群で、刺身によし塩焼きにしても良しグッド(上向き矢印)
幻の高級魚とされていますが、今回チョーお値打ちで提供できますわーい(嬉しい顔)るんるん
不景気もたまには良いこと有りです(^^;)

のど黒&ハタハタ.jpg
『はたはた』 【鰰、鱩、カミナリウオ】
1980年代に急激に漁獲量が減り、現在では高級魚として高値で取引されている。
1992年9月から1995年8月まで全面禁漁を行った。
産地は北海道、秋田県、山形県、新潟県、石川県、福井県、兵庫県、鳥取県
秋田県では雷の鳴る11月ごろに獲れるのでカミナリウオの別名で呼ばれる。
北海道で取れる物は、形が少し違い、寸詰りの感じで色もこちらの物より黄色かかっている。
ブリコと呼ばれる卵巣は、この時期まだ小さいけれど、身は脂が乗って旨いし安いわーい(嬉しい顔)
塩焼き、から揚げ、煮付け等なにしても旨いです。
身離れがいい魚なんで、尻尾を折り頭の方から引くとスルスルと骨が、外れます。
私の場合、ハタハタなど骨の柔らかい魚は全部食べちゃいますけど(^^;

Published by