塞翁が馬

 9月25日スポーツ報知記事より
——————————————————————————–
◆報知新聞社後援 首都大学野球第3週第2日 東海大6―3武蔵大(24日・大田) 
東海大が武蔵大に連勝し、4戦全勝の勝ち点2で首位に立った。
武蔵大のプロ注目151キロ右腕・永井剛(4年=新潟明訓)は、プロ志望届を出さずに社会人野球に進む考えを明かした。
日体大の142キロ右腕・高橋峻也(3年=枚方津田)は、帝京大を8回2失点に抑えて初勝利。
東海大に次ぐ、リーグ2校目となる1部通算700勝(435敗)をもたらした。

 気持ちを込めた。永井は先発2連投で105球の熱投。
だが、体が思い通りに動かなかった。
「完全に準備不足なのはありますが、結果がすべてなので仕方ない。プロ志望届は出しません」
決め球のフォークを多投も、自慢の速球は最速137キロ止まり。
5回7安打4四死球で6失点。2日連続の黒星を喫した。

 中日などが熱視線を送っていた逸材を、ラストシーズン前に不運が襲った。
7月初め、父が営むプラスチック形成工場が火事で全焼。
永井は新潟・三条市内の実家に戻り、がれきの撤去など力仕事を手伝った。
だが、その直後の台風により、実家も浸水被害を受けた。
「練習どころじゃなかった」。
家族のために懸命に汗を流した後、自身の練習を再開できたのは8月中旬だった。

 新潟明訓では07年夏の甲子園に出場。
菊池(現西武)のいた花巻東を14奪三振で完封し、ベスト16に進出した。
身長174センチと小柄な右腕は武蔵大入学後、ウエートトレで体重は3キロ増の77キロとなった。
球速も4キロ伸びて、1部復帰へと導いた。

 24日は父・等さんの56歳の誕生日。
「勝って励ましたい」と連投を志願しながら、果たせなかった。
社会人の強豪・ホンダ入りが内定。2013年秋、プロへの夢に再挑戦する。
——————————————————————————-
今年のドラフトを楽しみにしてたのですが・・・
本当に残念でした・・・
でも、塞翁が馬!!
きっと!これが、良いことに繋がるはず!!
1段も2段もステップアップしてくれる事でしょう!!
これからも、上を目指して頑張れ~!!
みんなで、応援しつづけましょう
がんばれ~!永井 剛!!


祐ちゃんフィーバー

祐ちゃんフィーバー凄いですねTV
ドラフト1位でイケメンですからね~わーい(嬉しい顔)
今年のドラフトでは
新潟県三条市出身のイケメン注目選手がいるんですわーい(嬉しい顔)
永井 剛(ながい たけし)投手
 
「三条一中」から「新潟明訓」へ進学し現在「武蔵大」3年生
新潟明訓では1年夏県決勝・中越戦、延長12回裏一死二塁の場面で公式戦初登板
度胸良く伸びのある直球を武器に2.2回を無失点に抑え延長14回7対6での勝利
優勝に貢献。甲子園での登板はなしでした
2年夏も決勝に進出したが右ヒジ痛・背筋痛で登板出来ず日本文理に大敗
3年春には北信越大会初優勝に導き復活
夏は決勝で日本文理を12対3で下し優勝
甲子園では初戦で花巻東を14奪三振完封、新潟県勢8年ぶりとなる夏勝利
続く2回戦甲府商戦ではロングリリーフ
7.2回2安打11奪三振無失点で延長12回の投手戦を制し 初の夏2勝
3回戦の大垣日大戦ではエラーも絡み8失点と乱れ敗退
胸元を突く直球とフォークの握りで左打者の外角へ逃げながら落ちるシンカーを武器に
24.2回で33奪三振、奪三振率12.04防御率1.46
日本ハムが外れ1巡候補の1人に挙げるなど高く評価するプロ球団もあったが進学を選択
武蔵大では1年春から公式戦に登板したが故障もあり活躍できなかった
2年春に先発2番手に定着し5勝無敗、防0.77、47回を投げ49個の奪三振
2部 優勝、入替戦を制し秋には1部リーグに昇格
最速は150kを超える、常時140k台の力のある直球と
スライダー・シンカーカット・スローカーブと変化球も多彩で
マウンド度胸も良く投球センスのある好投手なんでするんるん
今年のドラフトでプロ野球に挑戦するのか
社会人野球に進むのか・・・
どちらにしても、頑張って欲しいですグッド(上向き矢印)
三条期待のぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
みんなで応援お願いしまーす演劇