筍のレシピ

ここのところ、バタバタして中々更新出来ませんでしたふらふら
やっと「筍料理」レシピ書き込みます手(パー)

takenoko.jpg
まずは、皮を剥き 姫皮と身の部分に分けます。

yakitake01.jpg
大きさにもよりますが、6~8等分に切り分け
アルミホイルに並べ、サラダオイルを塗り
後は、オーブントースターなどで、焼き目が付くほどに両面焼いていきます。

yakitake02.jpg
甘味噌(味噌、砂糖、ミリン、酒、醤油)を
乗せ軽く焼き、切りごまをふったら
筍田楽」完成です。
焼いてる間に、姫皮を繊維にそって千切りにし、
ほぐした鱈子(明太子)、マヨネーズ、
粉山椒少々で和えます。箸休めの一品完成です。
(写真は、鰆西京焼き、筍田楽、姫皮の明太和え

yakitake03.jpg
筍二色田楽
甘味噌と木の芽味噌
(白味噌、山椒の葉、色粉「ほうれん草から作る」
卵黄、ミリン、酒)

竹の旬と書いて「筍」

春ですね~わーい(嬉しい顔)
桜も各地で、咲き始め 草花も芽吹く季節になりました。
この季節忘れてはいけない食材の一つに、そう『』がありますひらめき
水煮は年中ありますが、生筍は、香り、食感もまったく違い 口中を感じられますぴかぴか(新しい)
下ごしらえさえしておけば、何でも使えて、簡単です。
是非、家庭でもやってみて下さい。

takenoko02.jpg
土はついたままの方がいいです。

takenoko01.jpg
穂先を気持ち斜めに切り落とします。
に切り込みを入れる(身になるべく傷つけないように)(神経質にならなくてOK)

takenoko03.jpg適当な鍋に、(筍がかぶる程度)、唐辛子(家庭用鍋なら1~2本)、粉ぬか(筍買った店でもらえる、もしくは米屋でもらえる)を入れ落し蓋(なければアルミホイルで)30分茹でる
根っこのほうに竹串を刺して通るようなら出来上がりひらめき
そのまま次の日まで冷ませば、アクも取れ美味しくいただけますレストランわーい(嬉しい顔)
次回は、料理方法を書き込みます手(パー)
ひらめき

Continue reading “竹の旬と書いて「筍」”

真鱈の白子

もうシーズン終盤ですが、『真鱈の白子』旨いですよねわーい(嬉しい顔)
たまには、プロの板前らしい話でも・・・
家庭でも出来る美味しい白子の作り方手(チョキ)
1・鮮度のいい物が手には入ったら、一口大に切り分けます。
2・たっぷりのお湯exclamationに優しく入れる。 ここがポイントグッド(上向き矢印)
   《70~80度》手を入れて熱いけど少しなら火傷しない位いい気分(温泉)白子が多いと温度下がっちゃいます(注意)
3・やさしく混ぜてプリプリっとしてきたら冷水に取るか、温かい物が好みであればお湯を切り、器に盛る。
4・小口に切った分葱、紅葉おろし(なければ一味唐辛子)ポンズをかけて出来上がり手(チョキ)
5・日本酒と一緒に、美味しく頂く。
熱湯で、してしまうと、白子が破裂どんっ(衝撃)しちゃいますよ
簡単でしょ?
是非、手に入ったら試してみて下さいレストラン
その他質問あったら気軽にどうぞわーい(嬉しい顔)

sakura.phto 026.jpg